カナディアン・ソーラー・プロジェクト株式会社

カナディアン・ソーラー・プロジェクト株式会社

事業内容Project Business

カナディアン・ソーラーの太陽光発電事業

2009年、多くの太陽光パネルメーカーが原材料であるシリコンの確保に多額の投資を行う中、カナディアン・ソーラーは太陽光発電所の事業計画策定のサポートから開発・建設・保守に至る、一連のサービスを提供するプロジェクト事業戦略へとシフトし、他社とは一線を画した独自のターンキーソリューションプロバイダーとして歩み始めました。

私たちは、世界中で太陽光発電所プロジェクトの開発、建設を手掛けるグローバルプロジェクトユニットを擁しています。数百キロワットクラスの産業用システムから数百メガワットクラスのメガソーラーに至るまで、あらゆる規模のプロジェクトに対し、企画・開発、案件評価、システムデザイン、エンジニアリング、プロジェクトマネジメント、財務等の専門家集団がこのビジネスを支えています。

カナディアン・ソーラー・プロジェクト株式会社は、今後数年内に建設着工予定の太陽光発電所プロジェクトを約600メガワット有しています。日本国内で建設する全ての発電所を自社で保有し、発電所の維持管理・運用および保守を高い規準で継続、実行し、長期にわたる安定的な電力供給の実現に貢献します。

カナディアン・ソーラーの強みOur Strength

太陽光は絶え間なく地球に降り注いでいるものの、我々人類はその恵みを十分に活用するには至っていません。太陽光発電においても、さらなる技術開発の発展が未来の進化の鍵を握っています。太陽光発電ビジネスで世界第3位のシェアを誇るカナディアン・ソーラーは、その課題をグループで解決します。

日本国内では、モジュールビジネスにおいて先行して成功を収めている、カナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社と密に連携し、その卓越した製品技術と、私たちの高いEPC専門技術を活用できることは、他のエネルギー会社にはない強みです。
また、太陽光発電は日本ではまだ歴史が浅く、人材市場においても、その技術および知識を支える、経験値の高い技術者の確保が課題と言えます。私たちには、先行する海外のプロジェクトで多様な経験を積んだ専門家を豊富に擁しています。世界中で活動するグループ会社間に壁はなく、プロジェクトに応じて非常に活発且つ有効に人材を活用していることも大きな強みの一つと考えます。