カナディアン・ソーラー・プロジェクト株式会社

お知らせ

2019年5月9日news

三井住友ファイナンス&リース株式会社と53.5億円のクレジット協定を締結

 Canadian Solar Inc.(本社:カナダ・オンタリオ州、CEO:ショーン・クー、NASDAQ:CSIQ、以下「カナディアン・ソーラー」という)は、同社の完全子会社であるカナディアン・ソーラー・プロジェクト株式会社が、SMBCグループメンバーで世界に拠点を持つ国内最大総合リース会社の一社である三井住友ファイナンス&リース株式会社(以下「SMFL社」という)を主幹事とした4つの金融機関で組成されたシンジケート団とのクレジット協定(立替払包括合意契約)増額更改を行いましたのでお知らせ致します。

 クレジット協定は、総額40億円(3,600万米ドル)から53.5億円(4,800万米ドル)に増額され、期間も3年間延長されました。調達した資金は、日本国内における、より高品質の太陽光発電所の開発に充当されることになります。

 カナディアン・ソーラー会長兼CEOのショーン・クー博士は下記のようにコメントしています。
「2018年以降、当社の信用に対する強い需要と認識は、豊富な経験と信用力の証として、有利な金利でクレジットライン(貸出限度額)を160億円超まで引き上げることに成功しました。当社はSMFL社とそのシンジゲート団とのパートナーシップを大切にしています」

<< ニュースリリース一覧に戻る