カナディアン・ソーラー・プロジェクト株式会社

お知らせ

2020年7月2日news

カナディアン・ソーラー、HiKu・BiHiKu・HiDMの製品ポートフォリオに新たな太陽電池モジュールの追加を発表

Canadian Solar Inc.(本社:カナダ・オンタリオ州、CEO:ショーン・クー、NASDAQ:CSIQ、以下「カナディアン・ソーラー」という)は、2020年7月1日、全世界に向けたウェビナーを実施し、超高出力のシリーズ5及びシリーズ6太陽電池モジュールを発表しました。これらのモジュールは、HiKu・BiHiKu・HiDMの製品ポートフォリオに新たに 加わる製品として発表され、高出力、高効率な片面発電及び両面発電モジュールのラインアップの幅を飛躍的に拡充します。

 

 新製品は、変換効率で世界記録を有する当社の独自セル技術と最先端のモジュール設計を組み合わせて開発され、太陽光発電ソリューションにおける卓越した知識、経験及び研究開発の継続に対する当社のコミットメントを反映したものです。

 

シリーズ5:HiKu5及びBiHiKu5

 HiKu5及びBiHiKu5は、業界先進技術である当社のLeTID低減技術を採用し、最大500Wの出力を実現した、より高出力の太陽電池モジュールです。HiKu5(単結晶・多結晶)は、LeTIDを業界標準より50%低く抑えることに成功し、且つ、モジュール変換効率の向上、高出力及び先進的な太陽電池モジュール技術により太陽光発電システムの平準化コスト(LCOE)を最大4.0.%削減します。

 

シリーズ6-HiKu6及びBiHiKu6

 シリーズ6として発表されたHiKu6及びBiHiKu6は、当社の革新的セル技術とモジュールデザインにより、最大590Wの業界最高クラスの出力と最大21.3%のモジュール変換効率を実現しました。標準的な405Wの単結晶 モジュールと比較して、HiKu6モジュールは、モジュールの製品寿命全体で発電量が最大2.7%増加し、太陽光 発電システムのBOS(周辺機器)コストを最大5.6%削減します。また、LCOEを最大4.5%削減できるため、特に大規模太陽光発電システムに対し卓越した価値を提供します。

 

シリーズ5-HiDM5

 さらに、当社は、HiDMモジュールの製品ラインアップにシリーズ5モジュールを投入します。HiDM5は、当社が誇るシングリング生産技術と単結晶セル技術を融合し、高い性能と非常に美しい外観を併せ持つモジュールです。HiDM5の最大出力は405Wで、屋根設置型太陽光システムにおいて、標準的な単結晶太陽電池モジュールより37%大きいシステム発電容量を実現でき、また、システムコストを抑えることができるため、システムIRRは47%向上します。HiDM5は、まさに、住宅用システムにとって理想的なモジュールです。

 

 カナディアン・ソーラー会長兼CEOのショーン・クー博士は、次のようにコメントしています。「私が19年前にカナダで設立して以来、カナディアン・ソーラーは最新の太陽光発電技術の開発と普及において、世界のリーディングカンパニーと成長したことを誇りに思っています。今回の新しい製品の発表でもご理解いただけるように、当社はより多くの太陽光エネルギーを、より高いコストパフォーマンスで提供できる最先端技術を開発し続けます。当社のHiKu・BiHiKu・HiDMの製品ラインアップは、これまでも常に最先端の太陽光モジュール技術を誇るものでしたが、今回発表しましたシリーズ5・シリーズ6のモジュールは、高出力・高効率・高品質な太陽光発電ソリューションを提供し続ける弊社のミッションにおいて、新たな大きい成果といえます。」

 

 これらの新製品には非常に競争力のある製品保証が提供され、且つ、他の製品同様、これらの製品は高品質のカスタマー・サービスにより購入後も安心してお使いいただけます。シリーズ5及びシリーズ6は、当社の製品ラインアップの幅をさらに広げ、お客様の太陽光発電の様々なニーズにお応えするものです。

<< ニュースリリース一覧に戻る