カナディアン・ソーラー・プロジェクト株式会社

お知らせ

2020年7月7日news

カナディアン・ソーラー、 ブラジルで2件・274MWpの太陽光発電プロジェクトのコーポレートPPAを締結

Canadian Solar Inc.(本社:カナダ・オンタリオ州、CEO:ショーン・クー、NASDAQ:CSIQ、以下「カナディアン・ソーラー」という)は、この度、Braskem SA社およびCOPEL Energia社とブラジルにおいて2件・合計274MWpの太陽光発電プロジェクトのプライベートPPAを締結したことを発表しました。

 

 Braskem S.A.社(Braskem、NYSE:BAK)は、米州最大の熱可塑性樹脂メーカーであり、米国最大のポリプロピレンメーカーです。Braskem社は低炭素経済の実現に向けて取り組んでおり、事業の効率、競争力、持続可能性を向上させるための革新的なプロセスを実施しています。持続可能性目標達成に向けて、20年間のPPAを通じて当社から太陽エネルギーを購入します。

 

 今回のPPAのために、当社は、ブラジル・ミナスジェライス州で152MWpプロジェクトを開発・建設します。当社は同州で他のプロジェクトをすでに開発・建設しています。152MWpプロジェクトは、2021年に着工、2022年末までに商業運転開始予定です。今回のPPAは、当社とブラジル産業界のお客様との間で直接締結された初のPPAであり、ブラジルにおける当社の新たな画期的実績となります。

 

 COPEL Energia社(Copel)は、ブラジルのエネルギー取引企業上位10社に入る、パラナ州最大の電力会社COPELグループの傘下企業です。Copel社と締結した15年間のPPAのため、当社は2021年に、すでに開発中のプロジェクトの第2フェーズとして、122MWpのプロジェクトをペルナンブコ州で建設する予定です。

 

 2件のプロジェクトはいずれも、当社の高効率両面発電型モジュールである、BiHiKuモジュールを使用します。運転開始後には、2件合わせて年間約610GWhのクリーンエネルギーを生産する見込みです。これは、約25万世帯の年間電力消費量に相当します。

 

 2件のコーポレートPPAは、当社がブラジル市場に参入して以来、これまでにブラジルで契約を締結した1.9GWp超のPPAポートフォリオに追加されます。中南米地域全体では、当社は2.6GWp超のプロジェクトを獲得、あるいはPPAを契約しています。

 

 カナディアン・ソーラー会長兼CEOのショーン・クー博士は、次のようにコメントしています。 「カナディアン・ソーラーは、ブラジルの大規模太陽光発電市場で主導的地位を確立し、プライベートPPAで再び新しいトレンドを生み出すことにより革新を続けます。今回の取引でBraskem社およびCopel社と提携し、太陽電池モジュールからプロジェクトの開発・運用サービスまでの統合エネルギーソリューションをお客様に提供できることを嬉しく思っています。当社はブラジルにおいて太陽エネルギーへの長期的な取り組みを行っています。ブラジルは引き続き当社にとって最も重要な市場の1つです」

<< ニュースリリース一覧に戻る