カナディアン・ソーラー・プロジェクト株式会社

お知らせ

2020年9月2日news

リカレント社、Pflugerville太陽光発電プロジェクトの建設を開始

米テキサス州オースティン地域におけるクリーンな電力供給にむけて地元に何百もの雇用を創出

 Canadian Solar Inc.(本社:カナダ・オンタリオ州、CEO:ショーン・クー、NASDAQ:CSIQ、以下「カナディアン・ソーラー」という)は、2020年8月18日、完全子会社であるリカレント社(Recurrent Energy)が、米テキサス州トラビス郡において144 MWacのPflugerville太陽光発電プロジェクトの建設を開始したことを発表しました。

 

 リカレント社は、2018年にオースティン・エナジー社(Austin Energy)とフラッガービル太陽光発電プロジェクトの電力販売契約(PPA)を締結し、運転開始後15年間、オースティン・エナジー社の顧客に低コストの太陽光発電電力を提供します。このPPAは、オースティン・エナジー社がコスト効率よく排出を削減するという同社の、再生可能エネルギー目標達成を支援するもので、同社が2022年末までに石炭火力発電から脱却する計画も含まれています。オースティン・エナジー社は、オースティン市および近郊のトラビス郡やウィリアムソン郡の50万人以上の顧客に電力を供給しています。

 

 オースティン・エナジー社ジェネラル・マネージャーのジャッキー・サージェント氏は、次のようにコメントしています。「フラッガービル太陽光発電プロジェクトにおけるリカレント社とのパートナーシップを非常に嬉しく思っています。このプロジェクトは、当社の再生可能エネルギーのポートフォリオを拡大し、気候保護目標を前進させるだけでなく、当社のお客様の近くに位置しています。また、このプロジェクトによりお客様に安価なエネルギーを提供させていただくことで、当社が今後も財政的任務を果たしていくと同時に、環境活動におけるリーダとしての取り組みを実証することになります。このプロジェクトは、両者にとって有益なプロジェクトです」

 

 リカレント社は、フラッガービル太陽光発電プロジェクトでオースティン・エナジー社と提携することにより、テキサス州における事業をさらに拡大しています。さまざまなお客様に合わせてカスタマイズされたクリーンエネルギー製品とプロジェクト構成を提供するリソースと能力を備えて、リカレント社はこれまで、テキサス州において、垂直統合電力事業者、系統運用機関(ERCOT)の加盟事業者および複数のC&I(業務用太陽光発電所)オフテイカーなどとの各種提携事業を行ってきました。

 

 フラッガービル太陽光発電プロジェクトは、発電所の運用保守(O&M)を支援するための長期の正規雇用を創出するとともに、350以上の建設関連雇用を創出する見込みです(このうち、地元の労働者が半数以上を占める見込み)。また、トラビス郡とエルギン独立学区(ISD)に納税(プロジェクトの運用期間を通じて総額約3億5,000万ドル)することで、地域社会にプラスの経済効果をもたらします。運転開始後は、テキサス州の約25,000世帯の消費電力量に相当する低コストのクリーン電力を発電する見込みです。

 

 カナディアン・ソーラー会長兼CEOのショーン・クー博士は、次のようにコメントしています。「パンデミックにより資金調達と建設が引き続き困難な状況にあるなかで、これは、信じられないほどの成果です。タックス・エクイティによる資金調達(タックス・エクイティ・ファイナンス)と現場でのプロジェクト遂行の両面において、リカレント社のチームの献身と能力を示すとともに、当社と共に比類のない困難の克服を目指すすべてのパートナーのレジリエンス(強靱性)を示しています。お客様に低コストのクリーンエネルギーを提供するというオースティン・エナジー社のコミットメントを共有し、同社と再び提携できることを嬉しく思います。このプロジェクトの実現に関わっていただいたU.S. Bank、CIT Bank(CIT)、Nord/LB、Rabobank、Zions Bankなどの信頼できるパートナーに感謝するとともに、開発プロセスを通じて継続的な支援を提供してくださる地元トラビス郡のコミュニティに謝意を表します」

 

 フラッガービル太陽光発電プロジェクトの建設を支援するため、リカレント社は最近、デットファイナンスとタックス・エクイティ・ファイナンスにより総額2億3,400万ドルを超える資金調達を完了しました。タックス・エクイティ・ファイナンスはU.S. Bankによって提供され、デットファイナンスはCITが率いる銀行団によって提供されています(Nord/LB、Rabobank、Zions Bankが参加)。

 

 CITの電力・エネルギー部門のマネージング・ディレクター兼グループ・ヘッドであるマイク・ロルッソ氏は次のようにコメントしています。「リカレント社は、再生可能エネルギー・プロジェクトの大手開発事業者としてよく知られており、当社は、今回の資金調達において、全米で再生可能エネルギーの拡大を支援する上で継続的な役割を果たしていることを誇りに思います」

 

 リカレント社は、信用状枠の使用や独自のセーフハーバー融資など、革新的なコーポレート・ファイナンスおよびプロジェクト・ファイナンスにおける先進的な企業です。カスタマイズされた柔軟な手法を採用することで、リカレント社は、最高水準のプロジェクトを成功裏に遂行し、お客様、投資家の皆様、そして地域社会にとっての価値を最大化することができます。

 

 

オースティン・エナジー社(Austin Energy)について  

Customer Driven. Community Focused.(お客様主導の地域密着型サービス)

オースティン・エナジー社は、オースティン市の市営電力会社で、グレーター・オースティン(オースティン市及び近郊地域)の50万以上の利用中の顧客と100万人以上の住民にとって明るい未来を実現します。価値を提供するという同社のコミットメントは、コミュニティに電力を供給するとともに、革新や文化に力を与えてきました。これにより、オースティン市は目的地の都市(destination city)となりました。オースティン・エナジー社は、125年間に渡りコミュニティに電力を供給し、安全・安価で信頼性の高いエネルギーと優れた顧客サービスを提供してきました。公共の電力会社である当社は、これからも未来を光で照らしてまいります。 同社に関する詳細は、以下のリンクをご参照ください。

austinenergy.com

 

リカレント社について

リカレント社(Recurrent Energy)は、競争力のあるクリーンな電力を大口電力顧客に提供する大規模太陽光発電および蓄電プロジェクトの大手開発事業者です。米国に拠点を置くリカレント社は、当社の完全子会社であり、当社の北米プロジェクト開発部門として機能しています。リカレント社は、米国において約5GWの太陽光発電および蓄電プロジェクトを開発中です。同社に関する詳細は、以下のリンクをご参照ください。

www.recurrentenergy.com

<< ニュースリリース一覧に戻る