カナディアン・ソーラー・プロジェクト株式会社

お知らせ

2021年4月15日news

日本で合計143MWpとなる太陽光発電プロジェクトの建設を開始、融資額は3億ドル超

 Canadian Solar Inc.(本社:カナダ・オンタリオ州、CEO:ショーン・クー、NASDAQ:CSIQ、以下「カナディアン・ソーラー」という)は、2021年4月7日、日本国内で合計143MWpとなる4件の太陽光発電プロジェクトの建設を開始したことを発表しました。このポートフォリオには、カナディアン・ソーラーの旗艦的なメガプロジェクトである、福島県の100MWpの吾妻小富士プロジェクトのほか、茨城県と広島県の計43MWpのプロジェクトが含まれます。

 

100MWpの吾妻小富士プロジェクト

 吾妻小富士プロジェクトは、当社として日本最大のプロジェクトであり、日本全国でも最大規模のプロジェクトとなる見込みです。このプロジェクトには、当社の高効率HiKuモジュールを採用し、2023年第1四半期に商業運転を開始する予定です。発電電力は、東北電力が36円/kWhで購入される予定です。

 

 このプロジェクトは、野村キャピタル・インベストメント(NCI)社から245億円(約2億3,000万米ドル)の建設   国債による融資を受けており、グローバルなEPC(設計・調達・建設)企業であるjuwi自然電力社の経験を生かします。460エーカー(約1.86km2)の土地に建設された吾妻小富士プロジェクトは、約31,000世帯に電力を供給するのに十分なクリーンエネルギーを生産する見込みです。このプロジェクトは、新しい欧州連合のグリーンボンド基準(EU GBS)と互換性のある気候債券グリーン認証プロセスに参加する予定です。

 

 カナディアン・ソーラー会長兼CEOのショーン・クー博士は、次のようにコメントしています。「福島県の活性化に貢献できることを嬉しく思います。最近まで、吾妻小富士プロジェクトの建設用地は生産性の低い、耕作放棄地 でした。現在、当社は直接投資によって、プロジェクトの建設期間を通じて地域に雇用を創出し、2011年の東北地方太平洋沖地震によって被災した地域の経済の再活性化に貢献しています。地域社会と密接に協力しながら、当社の太陽光発電所で生産されるクリーンな再生可能エネルギーが永続的な社会的利益を生み出すことができるよう取り組んでまいりました。日本政府が掲げる2050年カーボンニュートラル目標達成を支援しつつ、福島県で 経済とエネルギーのレジリエンス(強靱性)の復元に関わることができ、光栄です。」

 

 ショーン・クー博士は続けます。「これらのプロジェクトは、日本における当社の強力な実績をさらに拡大するものです。当社は現在、日本において稼働中または建設中の450MWp以上の大規模プロジェクトを保有しており、カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人(CSIF)(TSE:9284)とジャパン・グリーン・インフラストラクチャー・ファンドという2つのパートナーシッププラットフォームを持っています。また、差別化技術と大規模生産を強みに、当社は日本で最も強力な太陽電池モジュール・ブランドのひとつとなっています。これにより、当社は、日本市場における最も統合的な太陽光発電企業として、さらに強固な地位を確立しています。当社が日本において高品質なプロジェクト・ポートフォリオを開発し拡大するために、低利融資の提供により支援を継続してくださるファイナンス・パートナーの皆様に感謝いたします。」

 

 NomuraのInfrastructure and Power Finance(インフラ・電力金融(IPF))グループトップのヴィノッド・ムカニ氏は、次のようにコメントしています。「当社は、日本における再生可能エネルギー関連の融資で豊富な経験を有しており、今回の重要な取引でカナディアン・ソーラーを支援できることに大きな期待を寄せています。カナディアン・ソーラーはTier 1太陽電池モジュールメーカーとして、また世界有数の太陽光発電開発企業として、魅力的な地位にあります。Nomuraは、今回融資を提供し、低炭素経済への移行に貢献する強力なスポンサーの皆様と協力できることを嬉しく思います。」

 

茨城県と広島県の合計43MWpのプロジェクト

 茨城県と広島県のプロジェクトでは、日本の債券投資家向けにグリーンプロジェクトボンドを発行し、81億円(7,500万米ドル)を調達しました。経験豊富なプロジェクトボンド発行者である当社は、単独のプロジェクトボンド組成機関として、ゴールドマン・サックス証券(GS)社と6度目の業務提携を締結しました。今回も当社は、国内の債券投資家の皆様から、従来のバンク・ファシリティ市場とは商業的に異なる革新的な借入資本の提供を受けました。これらのプロジェクトボンドは、ボンドの各トランシェにおいて2年および18年という2つの満期を持つデュアルテナー構造というユニークな特徴を持ち、多くのプロジェクトの建設・運用段階を通して必要となる全ての資金を組み合わせます。日本格付研究所(JCR)は、これらのマルチアセットデュアルテナーグリーンプロジェクトボンドの投資適格格付けを「BBB+」とし、発行体としては、日本のグリーンボンドガイドラインで最高の格付けで  あるグリーン1を認定しました。信託機関は日立キャピタル信託社です。

 

 ゴールドマン・サックスのインフラストラクチャー・ ストラクチャードファイナンス部長の井上徹氏は次のように  コメントしています。「これは、カナディアン・ソーラーが日本市場に持ち込んだ、画期的なグリーンプロジェクトボンドの新たな取引となるでしょう。日本に深く根を下ろしているカナディアン・ソーラーの成長のお手伝いができることを大変光栄に思います。当社は、2016年にカナディアン・ソーラー初のグリーンプロジェクトボンドに参加して以来、スポンサーである同社の事業目標達成に向けて、差別化された革新的な取引を提供する能力を持っていることを証明してきました。再生可能エネルギー産業は、独創力と、既成概念にとらわれない発想力が非常に重要となるダイナミックな分野です。太陽光発電を持続可能な基幹エネルギーとすることを目指すカナディアン・ソーラーの  パートナーとして、今後も協力し続けることができると期待しています。」

 

ゴールドマン・サックス社について

 ゴールドマン・サックス・グループは、インベストメント・バンキング、証券、資産運用、コンシューマー・バンキング などの幅広い金融サービスを、企業、金融機関、政府、個人などの様々な顧客層に提供している世界有数の金融機関です。1869年に設立されたゴールドマン・サックスは、ニューヨークに本社を置き、世界の主要な金融センターに拠点を持ちます。ゴールドマン・サックスは、2013年にはじめて日本市場向けにグリーンプロジェクトボンドを開発しました。その後、19件のプロジェクトボンド取引と、1件のプロジェクトエクイティの証券化を行いました。 これら20件の取引のうち6件はカナディアン・ソーラーの案件です。

 

Nomuraについて

 Nomuraは、世界30ヶ国以上にわたる統合ネットワークを持つグローバルな金融サービス・グループです。東西のマーケットをつなぎ、営業、ホールセール(グローバル・マーケッツ、インベストメント・バンキング)、資産運用の3つの事業部門が連携して、個人のお客様、機関投資家、企業、政府、それぞれのニーズに応えたサービスを提供しています。1925年の設立以来、規律ある企業家精神の伝統を基盤に創造的なソリューションをお客様に提供し、ソートリーダーシップのある企業と認識されています。NomuraのInfrastructure and Power Finance(インフラ・電力金融(IPF))事業は、世界中のプロジェクトオーナーに多様な資金調達ソリューションを提供しています。同社に関する詳細はwww.nomura.comをご参照ください。

 

<< ニュースリリース一覧に戻る