カナディアン・ソーラー・プロジェクト株式会社

お知らせ

2021年12月9日news

プロジェクト開発拡大に向けた資金として3,000万ユーロのグリーンボンドを発行

 Canadian Solar Inc.(本社:カナダ・オンタリオ州、CEO:ショーン・クー、NASDAQ:CSIQ、以下「カナディアン・ソーラー」という)は、2021年12月2日、間接保有の100%子会社であるカナディアン・ソーラーEMEAキャピタル・マーケッツS.A.U.が同日付けでスペインの債務証券向け多角的取引システム(MTF)である代替債券市場(MARF)に登録した1億ユーロのカナディアン・ソーラーEMEAグリーン・ミディアムタームノート(MTN)プログラム(ミディアムタームノート(MTN)と呼ばれる債券を発行する際の発行規定のこと)に基づき、2026年12月を償還期限とする3,000万ユーロのグリーンボンドの発行を完了したことを発表しました。本債券は、当社が保証し、国際資本市場協会(ICMA)のグリーンボンド原則と、欧州・中東・アフリカ(EMEA)地域で当社が採用しているグリーンファイナンス・フレームワークに準拠した「グリーンボンド」として認定されています。

 

 本債券は1933年米国証券法(「証券法」)のレギュレーションSに依拠し、米国外に居住する、非米国人のみを対象に募集・売出を行いました。本債券は、「証券法」や、米国のいずれかの州の証券法又はその他の法域の証券法に基づき登録されておらず、また、今後登録される予定もありません。登録を行うか又は登録の免除を受ける場合を除き、米国において本プログラムに基づき発行される本債券の募集又は売出を行うことはできません。

 

 本債券の額面金額は10万ユーロ、5年満期で利率は4.0%です。投資家は、主に公的信用機関、ミューチュアル・ファンド、非金融企業などです。当社は、資金が必要となる時期や市況に応じて、今後12カ月間にさらなる資金調達を行い、本MTNプログラムの総額である1億ユーロの債券発行を完了する可能性があります。

 

 当社は、グリーンボンド発行で調達した資金を活用し、EMEA地域で現在4.6GWの太陽光発電ポートフォリオおよび2.0GWhの蓄電池ポートフォリオの拡大・開発・建設を支援するとともに、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に貢献することを目指しています。

 

 本プレスリリースは、債券の募集や購入の勧誘を行うものではなく、また、そのような募集や勧誘、販売が違法となる法域において、本債券の募集や勧誘、販売を行うものではありません。

<< ニュースリリース一覧に戻る